親から10万借りる理由を作る4つのポイントと回避策とは?

親から10万借りたいけど、借りる理由が思いつかない…

 

親子

 

どうしても10万円のお金が必要になった時に、どこから借りるのかが重要なポイントになります。

 

そうした状況だと親からお金を借りるのも、選択肢の1つです。

 

ただどのような言葉を使っていいのかわからない人も多いでしょう。

 

下手な言い訳は10万円を借りれないだけでなく、親子関係を悪化させてしまう恐れがあります。

 

このページでは、親から10万円借りる為の「言い訳」を作る際に、抑えておきたいポイントをまとめました。

 

もしもあなたが、親御さんから借り入れを希望しているけど良い言い訳が思いつかないと悩まれているのであれば、今すぐこのページを読み進めて下さい。

 

正直に理由を話す

 

どういう理由でお金が必要であるにせよ、親から借りるのならば正直に話してしまうのが最も楽な方法です。

 

例えば友達から旅行に誘われたけれど、手持ちの資金的に厳しいというようなケースだと話しやすいでしょう。

 

正直に話をするメリットは、後から嘘がバレる心配がないということです。

 

親子の関係であっても、金銭的な問題はトラブルに発展します。

 

安易に嘘をついて借りてしまっても、その嘘がバレてしまうと信用されなくなる可能性が高いです。

 

親子なのだからという甘えの気持ちもあるかもしれませんが、金銭関係だけはきちんとしておく方がいいでしょう。

 

ただ状況的に正直に話しづらい場合もあるかもしれません。

 

そうした時は別の方法を考えてみるといいです。

 

嘘をつくのではなく、ただお金を貸して欲しいと伝えるだけでも借りられる可能性はあります。

 

返済計画も込みで話す

 

ただお金を貸して欲しいと親に頼むのではなく、この時に返済計画も込みで話をすると、より貸してもらいやすくなります。

 

例えば10万円を借りた時に、次の月から毎月1万円ずつ返済をしていくというようなケースです。

 

親からお金をもらうのではなく、あくまでも借りるのだという意思をはっきりと伝えるのがポイントです。

 

この時に口約束をするのではなく、借用書を作って持って行くというのも方法の1つです。

 

借用書を作ることで、より本気度が増すからです。

 

きちんと返済する意思があるとなると、そこまで深く理由を問わずにお金を貸してもらえるでしょう。

 

ここでポイントとしては、親だからと甘えてしまって月に1000円の返済額のような本気を疑われるような額を提示しないことです。

 

やはりきちんと返済する意思があるのを見せるためにも、ある程度の額を提示してください。

 

購入する必要があると伝える

 

親からお金を借りるのに納得させやすい理由を作るというのも、1つの方法です。

 

例えば資格を取得するための勉強代として、お金を貸して欲しいというパターンなどが代表的でしょう。

 

どうしても必要なものだけど、手持ちの資金が厳しいので貸して欲しいというパターンです。

 

他にも似たようなケースとしては以下のものがあります。

 

  • 引っ越しをしないとダメだが、費用が不足している
  • 白物家電が壊れたが、資金がなくて購入できない
  • 免許を取得するための資金がない

 

これらのポイントになるのは、贅沢品の購入ではない点です。

 

ブランド物の洋服が欲しい、高級な腕時計が欲しいなどのような理由ですと、お金を貯めて買いなさいとなります。

 

ですが上述したような理由であれば、親としても理解しやすいですし、お金を出してあげようという気になるはずです。

 

冠婚葬祭などを理由にする

 

もう1つ王道の頼み方としては冠婚葬祭があります。

 

結婚式の場合は数ヶ月前には連絡があり、祝儀の相場というのもだいたい決まっているものです。

 

そのため結婚式を理由にするのなら、重なってしまったので資金が足りないとするといいでしょう。

 

お葬式の場合はいつ必要になるのかわかりません。

 

香典が必要となっても前もって用意できないので、足りないから貸して欲しいと言えば貸してもらえる確率は高いです。

 

ただ10万円という金額を考えると、難しいかもしれません。

 

冠婚葬祭を理由とするのなら、相手がどういう人かを伝えておくのもポイントになります。

 

親しい人である、お世話になった人である、など自分との関係性が近しいほどお金は借りやすいでしょう。

 

親から借りられない場合はキャッシングがいい?

 

ここまで10万円を親から借りる方法を見てきましたが、確実に借りられるかどうかはわかりません。

 

また親御さんとの関係によっては、そうした言葉1つかけられない場合もあるでしょう。

 

他にも親御さんの経済状況が良くないのなら、そもそも貸せるほどの余裕がないかもしれません。

 

こうした理由を総合的に考えるのなら、キャッシングを利用するのもおすすめの方法です。

 

  • 30日間無利息サービスあり(メアドとウェブ明細登録)
  • 50万円まで収入証明不要
  • 審査は最短30分
  • 提携ATMが全国津々浦々にあり
  • 指定の銀行口座があれば24時間振込が原則可能

 

  • 最短30分審査(申込曜日や時間帯により異なる)
  • 電話連絡なしのWEB完結あり
  • 審査通過後、最短3分振込
  • 10秒簡易審査あり

 

アイフル
  • 最大30日間の無利息サービスあり(契約日翌日より)
  • 審査は最短30分
  • 1秒診断あり
  • 振込キャッシング対応

 

10万円という少額であれば、きちんと仕事をしていて収入があり、他社からの借金もないという状況なら審査に通る確率も高くなります。

 

絶対に借りられるとは言えませんが、誰にも迷惑をかけないので借りやすいと言えるでしょう。

 

借金は悪だと言われますが、無計画にするのは確かに良くありません。

 

ですがお金が必要な時には、どこかで借りる必要があるので、ビジネスとして融資をしているキャッシングは、後腐れなく借りられる方法です。

 

まとめ

 

親から10万円を借りる理由についてのまとめでした。

 

100万円や200万円といった大金ではなく、10万円程度のお金であれば理由次第で貸してくれる親御さんも多いはずです。

 

その頼み方のポイントは以下の通りです。

 

  • 正直に理由を話す
  • 返済計画も立てて、必要なら借用書も用意する
  • 資格や免許の取得費用に充てるという
  • 冠婚葬祭でどうしても必要だとする

 

こちらが主な代表的な理由になるでしょう。

 

ただ親御さんとの関係や経済状況によっては、借りられないこともあります。

 

また誰にも迷惑をかけたくないのなら、キャッシング会社を利用した方がいいでしょう。